May'n Special Concert 2011「RHYTHM TANK!!」at 日本武道館

2011年3月6日、May’nの2度目の武道館公演、RHYTHM TANK!!に行ってきました。

May'n、2度目の武道館

以下セットリスト

01.キミシニタモウコトナカレ
02.Welcome To My FanClub’s Night!
03.HERO
04.パラノイア
05.射手座☆午後九時Don’t be late
06.禁断のエリクシア
07.ふなのり
08.シンジテミル
09.O -Zero-
10.モザイカ
11.インフィニティ
12.ダイアモンド クレバス
13.My Lovely Thing (アコースティックver.)
14.Get Ready (アコースティックver.)
15.Swan
16.Disco☆Galaxxxy
17.XYZ
18.Get it on – flying rock
19.Ready Go!
20.ライオン
21.アネモネ
22.ユズレナイ想ヒ
23.もしも君が願うのなら
アンコール
24.ノーザンクロス
25.愛は降る星のごとく
26.Phonic Nation
ダブルアンコール
27.May’n☆Space

そういえば、発表事は一切なかったですね。

無事買えたパンフ/席は2階2列目カメラの隣

今回の面子はらぐすりぷるせんにんと、気兼ねしないいつもすぎる面子。前回の武道館でパンフが売り切れたのは残念でしたが、きっと反省したホリプロが数を増やしてくれると判断し、そんなに早くは行かず、開場1時間前くらいに到着合流。読みはあたり、難なく買えました。

ギンギラギンのパンフ。指紋がめっちゃ目立ちます...

そして入場。けいおんの時は2連番で分かれましたが、今回は4連番の座席。じぇふの大好物・通路沿い席があったので譲っていただきました>< わくわくしながら準備してたら、この時点で天井の仕掛けを発見。あれはきっと風船やな!と予想。

暗転数秒でスポットライト登場

暗転して歓声が上がります。インストが流れて期待させてかーらーのー登場!!…と思っていたら予想外の演出が。暗転数秒でアカペラを歌いながらの登場っつーホント予想外でした。キミシニタモウコトナカレのをピアノ伴奏だけで。しっとり入りか~、とじっくり聴いていると各楽器が加わり、急加速!!ギアをトップに入れて、ライブ会場はヒートアップ。定番化しやすい、開始の演出としては上手い奇襲だと感じました。

新旧のアルバムを散りばめたセットリスト。マクロス新曲も。

射手座もってっけー!!とスパークした次の曲、変速ビートの妖艶な曲で聴いたこと無いなと思ったら劇場版マクロスの新曲・禁断のエリクシアでした。このライブまでに映画を見てなかったため、ついてくのが精一杯でした…っくそぅ。

シンジテミルで炎の演出。PVでも炎出るんでしたっけ?曲カラーは赤ってしっかり覚えているものの、由来を忘れてしまいました。

インフィニティダイアモンド クレバスのコンボは本気出して、本気で聴き入りました。何度でも言いますが、ダイクレはサイリウム振ってる場合じゃない。微動だにせず見つめ聴き入るのが俺の正義。

振り付き曲でアコースティック

アコースティックコーナーで何が来るかと思えば、アメリカンなノリのGet Ready。本ライブ、良い意味で予想を裏切る演出が豊富です。イケイケノリノリ。Disco☆Galaxxxyでは歌詞通り指で「C」を作る振り付けが良くマッチ。アルバム1曲目のこの曲がそのままライブ1曲目に来ると思ってましたが、予想を外されました。XYZでタオル投げたら危なかったので、1回でヤメたです><

ステージはアニサマ2007の様なタラバガニ

ここで唐突にステージの説明をしますと、北面のステージに加え、花道がアリーナ横左右に延びて東面・西面までカバーする形状になってました。2007年模索のアニサマみたいな感じ。MCでこの話に。スタッフからは「カマキリ」とか「クワガタ」とか言う様式何だそうですが、「タラバガニじゃない!?」と言う事でタラバガニステージと命名ww 端っこまで来ると直線距離は結構近くなりましたが、垂直の角度的に見えなくて悔しかったです(´・ω・`)

XYZの時に、このタラバガニの左手から右手に押し車(ex.ゆかり丸)でアリーナど真ん中を横断していて、かなり近くで見れてたでしょう。真ん中の真ん中で止まって、タオルを投げてました。ゲットした勝者が眩しかったナァ。

基本的にシェリル曲歓喜なんですよ。なので、ライオンが来たのは結構予想外で、かなりの本気。もっと余韻を味わいたかったのに、間髪入れずに次の曲、というのがちょっと頂けなかったと感じました。もしも君が願うのならでしっとり締め。

アンコールでノーザンと映画曲

本気のノーザンクロスが来ました。もうじきストックが切れそうだったけど構わず折ったよ!!十字架切った!! この曲、後奏?アウトロ?がライブだと3倍くらい長いですよねwww 「好きだったよ」と歌い終えて、一度静かになり、盛り上がってから、が長い!! 踏ん張った!!

そして昨年のツアーで映画にもなったPhonic Nation。May’n本人作詞の歌詞が素晴らしいんですよ。ノンタイアップ曲では1番好きです。音楽には国境がない、音楽を楽しむだけならみんな一つの国の住民だという、強いメッセージが心に響きました。ラララとみんなで合唱。

総締めのダブアンへ。

オーラスはメイスペ

「武道館というTANKは、もう皆のRYTHEMでいっぱいになりました!」というMCの後、最後の曲へ。あと残ってるのは何かとしていたところに来たのがMay’n☆Space。May’nのライブを締めるMay’nのMay’nらしいMay’n曲、、、と言う意味で、ある種最適な曲ですね。

最後に、恒例「みんなの顔見せて!!」と来て座席を全て見てまわり、フィナーレ。お疲れさまでした。

ふぉにねのラストくらいで風船が降ってきたんですが、2階席では全く届かず。アリーナ出口で複数持ってる人に声掛けて1個譲ってもらいました!

ロゴ2色刷りの風船。他にもいろんな色がありました。

銀テープには何も印刷がなかった様です。

2度目の武道館。完成度も上がり、May’nの成長を感じさせてくれるライブでした。あまり発表事が無かったってのは珍しい気がしますね。パンフの真ん中にシングルリリースの情報が載ってたくらいかな。

正直に言ってしまうと、やはりマクロス曲とそれ以外での落差が激しいと思ってしまうワタクシです。タイアップというのはとても大きくて、シャングリラが好きだったらキミシニの思い入れが深いとか、インシテミルが…とかその曲を起点に呼び起こされる情報/感情が色々あるのが、タイアップの特徴だと思うのですよ。そして、マクロスという作品と、シェリルというキャラクターはとても大きくて、普通のアルバム曲では落差を感じてしまうのが正直なところでした。特にサヨナラノツバサを見た後だとさらにその思いは強くなってしまいました。応援はしていきます。ライブに行くかはちょっと分かんないですね。

グランドスラム社長、松井英樹
ワントラップ社長、agehasprings社長
satomi、岩里祐穂、真名杏樹
鷺巣詩郎、ESP
中島愛、mihimaruGT
喜屋武ちあき、Kalafina
飛蘭、ELISA

参考リンク

May’n (mayn_tw) on Twitter
りずたんを振り返る1|May’nオフィシャルブログ「きょうのMay’nディッシュ」
りずたんを振り返る2|May’nオフィシャルブログ「きょうのMay’nディッシュ」
りずたんを振り返る3|May’nオフィシャルブログ「きょうのMay’nディッシュ」

中日スポーツ:May’n 武道館ライブに9千人:芸能・社会
May’n髪バッサリ、武道館で27曲熱唱 ― スポニチ
May’n髪バッサリ!気合の武道館ライブ – 芸能 – SANSPO.COM
May’n27曲熱唱!2年連続武道館 – 音楽ニュース : nikkansports.com
May'nロック調ボブヘアでボ部長?/デイリースポーツonline
髪切ってイメチェンMay’n、2度目の武道館はクール&ロック! | 日テレNEWS24
髪を切って気合い十分。May’n武道館ライブで熱唱。 | 2323ニュース

Twitter / @まこぴ: カマキリ!クワガタ!タラバガニ! 座布団1枚w

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中