訃報が続きました

社会人になって冠婚葬祭に慣れてきたとはいえ、葬式は慣れたくないものですね。クリーニングから返ってきたばかりの礼服をすぐ着ることになった話。

感じたことがとても正反対な2つの葬儀でしたなぁと。

大学の先輩が

3月末に、大学の研究室の先輩がなくなりました。タイの赴任中に心筋梗塞で亡くなられたそうです。年齢なんて1つしか変わらないのに。。。

お父様が喪主を務めているのは、とても嫌な光景でした。自分の息子の葬式をするなんて、想像しただけで胸が苦しいのに。。。妹さんはずっと泣きっぱなしでした・・・

訃報を聞いたときは、にわかに信じられませんでしたが、、、いやはやとても残念でした。

嫁の実父が

複雑な家庭環境をわざわざ晒すのもアレですが、借金と酒と女にまみれて離婚を付きつけられたクソと要約すれば通じるでしょうか。マンガみたいですねw

誰にも看取られることなく、一人暮らしのアパートで亡くなっているところを発見されたようです。参加しなくて良いと言われたものの、まぁ人として嫁の遺伝子の半分の提供元であり、この機会しか線香はあげないなと思ったので、通夜だけ参加してきました。

こちらとしては、縁を切ったもんだと思ったのですが、別れた妻は他人でも、血の繋がってる娘は血縁者になってしまうため、嫁が喪主とさせられました

いやーしかし不愉快でしたね。そもそも喪主ですら断りたかったのに、行ってやったら、向こうもホストの様な顔をして、参列者から自分たちに挨拶受けて満足して、喪主に挨拶をさせないとか、頭おかしいんじゃねぇの? 身内の不手際は身内で処理しろよ。義理が要るなら、義理を立てろ。まぁ今日やってる告別式は違うかもしれませんが。

忌引きで合法的に会社を休めたので、秋葉原にアニサマ2010のBDでも買いに行きます。明日から仕事か・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中