風邪を引きました

熱出て病院のお世話に

点滴打ちました。久々です。というか病院のお世話自体が久々。

バカは風邪を引かないのではない。気付かないのだ」ってのを地でやってます。今回は勝てず、ドラッグに頼った次第です。

顛末

原因らしい原因は自覚してないので、知らぬ間にもらったか拾ったかだと思います。

月曜から体調が悪く、気分の悪さと、異常な関節痛(首・背中・腰)。前日に運動したわけでも無しに、変な感じでした。飲み会もほどほどに就寝。

火曜、起床時にダルさが増しており、ようやく熱が出ている事を自覚しました。熱を出した経験があまり無いため、体がどうなるかすぐ分からないんですよね。

朝の熱が38.0℃。結構なダルさ。飲み込む時に痛くなる咽喉。激しい頭痛。震える寒さ。続く関節痛。後から調べたらインフルエンザの症状に過不足無く合致してヤベェと思いました\(^o^)/

が、この日の仕事は出張で、色々と外せない感じ。皆さんに断って、終始コート着たままでいさせてもらいました。暖房が入っているので、皆さんちょい薄着。私はそれでは寒かったのです。。。

何とか仕事を終えて熱を測ると、38.6℃。ちょいと上がってました。また、「あと2時間…!」と思いながら仕事をしてたものの、仕事が終えた所で体調不良が良くなるわけではなく、辛かったです。

またそこから自宅まで新幹線またいで3~4時間かけて帰り、時間外ですが病院へ。

駅からタクシーで向かった先、総合病院だからやってるだろう、とタカをくくったら内科が不在…外科はいましたけど。警備員さんが「ここへ電話するとやってるとこ教えてくれますから」なんつって、教えてもらいました。

見付かった病院は駅の反対側。タクシーで戻りたかったのですが、全然来る気配なし。駅に向かいながら捕まえられればいいかなと思っていたら、結局タクシーは捕まらすに駅着。そこから再びタクシーを拾い、駅の反対側の病院へ着いたのです。

涙が止まらない(インフルエンザ検査で)

症状を伝えると、インフルエンザじゃないよ、ってことでした。ただ不安なので、検査してもらうことに。長い綿棒で鼻の内側の粘膜を採取する、、、ってやつなんですがー…超辛いですねあれ。突っ込んじゃいけない所に突っ込まれてる感じです。右穴やってから、左穴やるまでに覚悟が要りましたよ…子供が大泣きするわけです。

んで採血、点滴。抗生物質とか、色々入ってたみたいです。

点滴で相当楽になりました。ふらついてましたが。顔面蒼白、眼の下にクマ、死にそう by 迎えに来た妻 だそうです。普段、相当に健康優良児なので、ぐったりしてるのが既に珍しいと思います。

1.5日有休

点滴を受けた翌日の水曜と、木曜の午前の仕事を休みました。木曜はまだ半死半生でした。

俺、この病気が治ったら、水樹奈々の東京ドーム公演行くんだ…と言う生き甲斐でほぼ全快。問題無くライブには行けそうです。

Queen’s Nightは自宅待機でしたので、本日のKing’s Nightは本気出して行きますよー!!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中